横浜市青葉区の蜂駆除(スズメバチ駆除、アシナガバチ駆除)の専門業者

こんにちは。神奈川県横浜市青葉区の蜂駆除(アシナガバチ駆除、スズメバチ駆除)、蜂の巣撤去の専門業者の害虫害獣駆除本舗です。昨年の夏に横浜市青葉区にてスズメバチの駆除及び蜂の巣を撤去した際のご報告をいたします。

一軒家にお住いのお客様から蜂の駆除及び蜂の巣の撤去のご依頼を頂きました。現場のお宅は小学校の向かいにあるりまして、帰宅途中の子供たちが蜂の巣を見つけて学校の先生に相談したところから、お客様の元に早急に蜂の駆除をして欲しいとの要望が伝えられて蜂の巣の存在に気付かれたようです。

お客様としても小さな子供が蜂の被害に遭われては大変だと思い、インターネットで検索されて弊社にたどり着いたそうです。

弊社としても子供たちに何かあっては取り返しがつかないので急いで現場に向かいました。

通学路となっている道路に面しているお客様宅の生垣の中にソフトボール大のスズメバチの巣が作られていました。辺りを見渡すと数匹の蜂が飛んでいて、警戒しているようでした。蜂は基本的には自発的に人を襲うことはしませんが、大きな声を出したり、不規則な動きをする子供は敵とみなされて襲われてしまう可能性が高いと聞きます。ましてや通学路沿いに蜂の巣があるわけですから、危険性はかなり高いと思います。今まで子供たちに被害が出ていないことが救いでした。

先ずハチの巣所を行う前に小学校に報告をしに行きました。蜂の巣はそこまで大きくなかったので駆除作業は数十分ほどを予定していましたが、可能な限り校庭など外に出ることは控えて頂くようお願いしてきました。また、念には念をいれて、本日中は蜂の巣があった通りを使わずに生徒には帰宅をしてもらうようにお願いしました。

安全に蜂を駆除するにあたっての対策はとれましたので作業を開始しました。蜂の巣穴めがけて蜂駆除専用スプレーを吹きかけて1匹ずつ丁寧に駆除していきました。巣の周りには戻り蜂が数匹飛んでいて、我々めがけて攻撃をしかけてくるのでその蜂達もスプレーと虫網を使って駆除していきました。

全ての蜂を駆除しきったところで、蜂の巣の撤去作業に入りました。蜂の巣は生垣木の枝を絡めて作られていたので関係している枝を切り落として撤去しました。匂いが残っていると、また蜂が戻ってくる可能性があるので、少し余分に枝を切り落として、周辺にハチ駆除用のスプレーを散布しました。

誰一人スズメバチの被害に遭うことなくスズメバチの駆除及び蜂の巣の撤去を行うことができました。

【検索用キーワード】

神奈川県横浜市青葉区の蜂駆除(スズメバチ駆除、アシナガバチ駆除)専門業者の害虫害獣駆除本舗

蜂駆除 ハチ駆除 蜂の巣駆除 ハチの巣駆除 蜂の巣撤去 ハチの巣撤去

スズメバチ駆除 スズメ蜂駆除 アシナガ蜂駆除 アシナガバチ駆除

蜂駆除横浜市青葉区 ハチ駆除横浜市青葉区

蜂駆除横浜市瀬谷区 ハチ駆除横浜市瀬谷区 

蜂駆除横浜市緑区  ハチ駆除横浜市緑区

蜂駆除横浜市旭区  ハチ駆除横浜市旭区

蜂駆除横浜市都筑区 ハチ駆除横浜市都筑区

蜂駆除横浜市港北区 ハチ駆除横浜市港北区


特集記事
最新記事