神奈川県横浜市都筑区 スズメバチ駆除 蜂の巣撤去


こんにちは。害虫害獣駆除本舗です。

今回は過去に横浜市都筑区で行ったスズメバチ駆除の現場を紹介したいと思います。

〜神奈川県横浜市都筑区でスズメバチ駆除及び巣の撤去〜

天候は雨、ある意味では蜂駆除にとってよい天気ですがこの日に限っては雨でない方がよかったとしみじみ思った現場でした。

お客様からのお電話は前日の夜遅くにかかってきました。「うちの敷地の薮の中に蜂の巣があるらしいのだけれども駆除してくれませんか?」「ちなみにその薮の裏が通学路になっていて、あと1週間くらいで学校が始まるので子供たちが通るようになる。明日駆除できませんか?」という内容でした。

それはとても危険な状態、戻り蜂のことを考えると時間の猶予はありません。明日の朝早くに伺いますと返事をしようとしたら「仕事があるから夕方に来てもらえると有難いです。」とのこと。そして夕方に伺うことに。現場に到着してみると私が想像していた3倍は広く10倍は生い茂っていました。この中を潜って行けばトトロに会えそうだな〜と思ってしまうほど。タイトルにはスズメバチと書きましたが、この時点では蜂の種類は分かっていません。捜索するにしてもどんな蜂がどこに巣を作っているかわからず防護服を来て隅々まで捜索しました。蜂の巣の大体の在処も分からず、探すこと約40分、足元はぬかるんで歩き辛くジメジメとした陽気に体力はグングン奪われ人の背丈の高さまで伸びた山牛蒡をかき分けていると一本の木が目の前に。その木の枝には直径が約15cmのスズメバチの巣がついていました。ぱっと見て分かるくらい大きくてよかったです。小さいとこれだけ草が密集している中では見逃してしまう可能性も知らないうちに落として踏みつけてわからなくなる可能性もありますからね。

ここまでくれば作業はもう7割終わったと言っても過言ではありません。素早くスズメバチ駆除からの巣の撤去をしました。これくらいの巣のサイズでのスズメバチ駆除に通常かかる時間のおよそ3倍、疲労度10倍と言った感じでした。雨が降っていたのでスズメバチのほとんどが巣にいて戻り蜂の心配も少なく、終わってみれば雨の恵みとでもいいましょうか。兎にも角にも無事スズメバチ駆除が出来てホッとしました。

お客様にも喜んでいただき全作業完了です。

検索用キーワード

神奈川県横浜市都筑区 スズメバチ駆除 蜂駆除 蜂退治 蜂の巣撤去

害虫害獣駆除本舗 害虫駆除 蜂駆除業者 アシナガバチ ミツバチ 駆除


特集記事
最新記事